スポンサー

エリアから検索

福島 山形 秋田 宮城 岩手 青森 群馬 栃木 茨城 千葉
宿泊日

宿泊人数

名 ×

宿泊エリア

会員募集
イベント掲載申込みフォーム
協賛申込みフォーム
メールマガジン スタッフブログ

 

トップ  >>   最新ニュース   >  3/8 第4回「みちのく復興事業シンポジウム」

3/8 第4回「みちのく復興事業シンポジウム」

「東北から地域の未来を描く ~これからの企業の役割を考える〜 」

「みちのく復興事業パートナーズ※1(以下、事業パートナーズ)」と「NPO法人ETIC.※2(以下、ETIC.)」 は、これ までの東北復興の実践から、地域社会の未来とこれからの企業の役割を考察するシンポジウムを、東日本大震 災から5年となる3月8日に開催いたします。

東北の被災地では、高台移転や復興住宅の建設が進み、暮らしの土台が整えられていくフェーズに入ってきま した。一方で、震災前から抱えてきた人口減少・高齢化・経済縮小等の社会課題が顕在化しており、インフラの 復旧に留まらない、新たな経済や人々の豊かな暮らしのつくり方が求められています。この持続可能な地域社会 のあり方への模索は、東北のみならず、日本全体の課題であることは言うまでもありません。

これまでの5年間、多くの個人やNPO・団体、企業が東北に入り、地域のプレイヤーや行政と交ざって活動したこ とにより、幾つもの「新しい地域社会」のあり方を試行錯誤する事業やプロジェクトが生まれています。その過程で は、これからの地域社会を考える上で、多くの学びや発見がありました。

はたして、ここで得た学びや発見が、他地域、ひいては日本全体の未来を創っていくことにつながるのでしょうか ? そしてその中で、企業は何ができるのでしょうか? どんな役割を担うことが大切なのでしょうか?

今回のシンポジウムでは、東北で生まれた先行事例からの学びや発見を基に、これからの地域社会のあり方と 可能性、企業の関わり方について議論します。みなさまのご参加をお待ちしております。

開催概要

■日時 2016年3月8日(火) 15:00-17:45 (開場は14:30から)
■会場 電通ホール(東京都港区東新橋1-8-1、電通本社ビル内)
■定員 300名 (参加無料)
■対象 企業のCSR・社会貢献担当者、人事担当者、復興、地方創生に関心のある方 参加申込 下記Webフォームよりお申込みください
http://www.etic.or.jp/sympo160308/
■主 催 みちのく復興事業パートナーズ、NPO法人ETIC.
※1 企業が連携して東北で復興に取り組むリーダーらを支援する枠組み。いすゞ自動車、花王、ジェーシービー、 損害保険ジャパン日本興亜、電通、東芝、ベネッセホールディングスが参画。(2016年3月現在)
※2 若い世代のリーダーを育成する団体として1993年に設立。長期実践型のインターンを通じて多くの学生を育てるとともに、次代を担う代表 的な事業型NPO法人を数多く輩出しています。

■問い合わせ : NPO法人ETIC.(エティック) 担当:石塚・海津・山内(亮太)
TEL : 03-5784-2115 FAX : 03-5784-2116 E-mail : info@michinokupartners.jp

プログラム

15:00~15:05
開会
15: 05~15:10
みちのく復興事業パートナーズのご紹介 NPO法人ETIC.より
15:10~15:35
基調講演 「東北から生まれる地域の未来とは?」 ゲスト :藻谷 浩介 氏/株式会社日本総合研究所 主席研究員
15:35~16:00
基調講演 「東北から生まれる地域の未来とは?」 〜西粟倉の事例より東北を考える〜 ゲスト :牧 大介/氏株式会社森の学校ホールディングス 代表取締役
16:00~16:50
東北で活躍する担い手によるプレゼンテーション 「東北から生まれている新たな可能性とは?」 ゲスト :小松 洋介 氏/NPO法人アスヘノキボウ 代表理事、橋本 大吾 氏/一般社団法人りぷらす 代表理事、長谷川 琢也 氏/一般社団法人フィッシャーマンジャパン、モデレーター : 山内 幸治 氏/NPO法人ETIC.事業統括ディレクター
17:00~17:45
ディスカッション「これからの企業の役割を考える」 ゲスト :入川 秀人 氏/入川スタイル&ホールディングス株式会社 代表取締役、牧 大介 氏/株式会社西粟倉森の学校ホールディングス 代表取締役、小松 洋介 氏/NPO法人アスヘノキボウ 代表理事、モデレーター :宮城 治男 氏 NPO法人ETIC. 代表理事

登壇者ご紹介

<基調講演>
■藻谷 浩介 氏 – 株式会社日本総合研究所 主席研究員
平成合併前3,200市町村のすべて、海外74ヶ国をほぼ私費で訪問し、地域特性を多面的に把握。 2000年頃より、地域振興や人口成熟問題に関し精力的に研究・著作・講演を行う。 2012年より現職。近著に「デフレの正体」、第七回新書大賞を受賞した「里山資本主義」 (共に角川Oneテーマ21)、「金融緩和の罠」(集英社新書)、「しなやかな日本列島のつくりかた」 (新潮社、7名の方との対談集)。
■牧 大介 氏 – 株式会社森の学校ホールディングス
京都府宇治市出身。京都大学大学院農学研究科卒業後、民間のシンクタンクを経て2005年に 株式会社アミタ持続可能経済研究所の設立に参画。森林・林業、山村に関わる新規事業の企 画・プロデュースなどを各地で手掛けてきた。2006年から地域再生マネージャーとして西粟倉 村に赴任。2009年より株式会社西粟倉・森の学校を設立と同時に代表取締役就任。 2015年より株式会社森の学校ホールディンス設立とともに同代表取締役就任。

<プレゼンテーション・ディスカッション>
■橋本 大吾 氏 – 一般社団法人りぷらす
理学療法士。茨城県鹿嶋市出身。東日本大震災後、リハビリ専門職の支援団体を設立し、石 巻市の支援活動開始。2011年石巻市へ移住。2013年1月「一般社団法人りぷらす」設立。「子 供から高齢者まで病気や障がいの有無にかかわらず地域で健康的に生活し続ける事が出来 る社会を創造する」を理念に活動。2014年1月リバイブジャパンカップ復興ビジネスベンチャー 部門審査員応援賞受賞世代を問わず年間約3,500名と交流。
■長谷川 琢也 氏 – Fisherman Japan事務局/ヤフー株式会社復興支援室
ヤフー株式会社復興支援室に勤務。東日本大震災後に石巻に移り住み、石巻を拠点に被災地や東 京をうろうろしながら東北の人たちとビジネスを立ち上げる。被災地の農作物や海産物、東北の歴史 が息づく伝統工芸品などをネットで販売する「復興デパートメント」や、東北の水産品にブランド価値 を与え、新たな水産業を創造する「フィッシャーマン・ジャパン」の立ち上げ等に従事。現在、これから の漁業の担い手となる漁師を増やしていくTRITON PROJECTに奮闘中。

<モデレーター>
■入川 秀人 氏 – 入川スタイル&ホールディングス 株式会社
1999年「LDK」を玉田敦士氏と共に創業。2001年「コミュニティ&ストアーズ(現カフェカンパ ニー株式会社)」を楠本修二郎氏(現代表取締役)と共に創業。2005年に入川スタイル研究所を 創業、2007年には現在の入川スタイル&ホールディングスを創業。現在、株式会社ダブリュー ズカンパニーの代表取締役会長も務める。現在は、これまでの実績や蓄積したノウハウ、独自 のマーケティング手法等を基に、関連企業の企画および開発業務のほか、街づくりや地域ブラ ンディングに関する社会実験や、教育・出版事業等をメインに精力的に活動を行っている。
■小松 洋介 氏 – NPO法人 アスヘノキボウ
宮城県 仙台市出身。2005年4月に新卒でリクルートに入社。震災を機にボランティアに関 わり、地元宮城に戻ることを決意。2011年9月にリクルートを退職後、被災地の自治体、商工 会、商工会議所、観光協会などをヒアリングを続け、東北に必要な長期的な支援は「産業の 復興」と導きだし、その進捗に奮闘している女川町と出会い女川町復興連絡協議会戦略室 へ入室。2013年4月、女川を中心にまちづくり、産業活性に取り組むNPO法人アスヘノキボ ウを立ち上げた。
■NPO法人 ETIC. 代表理事 宮城 治男 氏
1972年生まれ、徳島県出身。93年から若い世代の起業家型リーダーの育成に取り組み、400名以上の 起業家を輩出。96年から長期実践型インターンシッププログラムを事業化。2001年、ETIC .ソーシャル ベンチャーセンターを設立、社会起業家育成のための社会起業塾イニシアティブ等を手がける。04に は地域における人材育成支援のチャレンジ・コミュニティ・プロジェクトを開始。11年から震災復興支援 にも注力。
■NPO法人 ETIC. 理事・事業統括ディレクター 山内 幸治 氏
1976年生まれ、神奈川県出身。早稲田大学在学中にETIC.の事業化に参画。1997年に起業家型人材 の育成とベンチャー企業支援を目的とした長期実践型インターンシッププログラムを開始。2000年 ETIC.のNPO法人化に伴い、事業統括ディレクターに就任し、全国各地のコミュニティ・ビジネスを支援。 11年、「震災復興リーダー支援プロジェクト」を開始。東北への右腕派遣事業などを推進している。

提供元:東北復興新聞 (http://www.rise-tohoku.jp/?p=12659)


アクセス数 2 回
フォトギャラリー
東北復興募金のお願い
現地特派員募集
がんばっています。
NEWS
EVENT
フォトコンテスト作品募集のお知らせ
よし、東北に泊まろう。
キャンペーンバーゲン情報
ボランティア募集
伝統の祭り
東北グルメお取り寄せ
ホームページイメージキャラクターグランプリ
バナー広告募集
スポーツニュース
Copyright 2012 東北復興なう All Rights Reserved.