スポンサー

エリアから検索

福島 山形 秋田 宮城 岩手 青森 群馬 栃木 茨城 千葉
宿泊日

宿泊人数

名 ×

宿泊エリア

会員募集
イベント掲載申込みフォーム
協賛申込みフォーム
メールマガジン スタッフブログ

 

トップ  >>   宮城県   >  復興のきら星vol.5 住民を癒すヒーリングドッグ

復興のきら星vol.5 住民を癒すヒーリングドッグ

0530_4s

ラムズくん(9)
南三陸町戸倉地区 応急仮設住宅 番犬兼アイドル

宮城県南三陸町戸倉地区に、愛らしい顔をした真っ白な犬がいる。名前はラムズ。山岳救助犬として活躍する犬種、グレートピレニーズの雄で、チャンピオン犬を両親に持つ血統証付きのお坊っちゃまだ。以前は室内犬として可愛がられていたが、津波で家を失い、避難所に設けられた室外の犬小屋で暮らすようになった。

すぐに持ち前の人懐っこさで人々の心を癒す存在となり、「ラムズを知らずば、戸倉ではモグリだ」とボランティアの間で言われるまでになった。

代わる代わる散歩

のお供をするようになると、お年寄りたちに大変に喜ばれた。綱を強く引くこともなく、杖を突く歩みにあわせ45㎏の大きな身体を寄り添わせるようにゆっくり進んだ。9歳のラムズは大型犬では老齢期で、しかも本来暑さに弱い犬種だ。しかし嫌がることもなく真夏のアスファルトの上を多い時で日に10回も付き添った。そんな健気な姿に心打たれた人は数えきれない。

その後、地域に誕生したまちづくりの団体名は彼の名をとって「復興まちづくり推進力!ラムズ」に。ラムズは名誉会長に就任した。

今は高台の仮設住宅に住んでいる。これからも住民に寄り添い、皆の心を癒し笑顔にし続ける、ラムズなのでした。

提供元:東北復興新聞 (http://www.rise-tohoku.jp/?p=2261)


アクセス数 14 回
フォトギャラリー
東北復興募金のお願い
現地特派員募集
がんばっています。
NEWS
EVENT
フォトコンテスト作品募集のお知らせ
よし、東北に泊まろう。
キャンペーンバーゲン情報
ボランティア募集
伝統の祭り
東北グルメお取り寄せ
ホームページイメージキャラクターグランプリ
バナー広告募集
スポーツニュース
Copyright 2012 東北復興なう All Rights Reserved.